ユーザー中心で一緒につくる、参加型デザイン事務所

お問い合わせ

Q:プロトタイピングって、無駄に工数が増えるだけじゃないの?

プロジェクトが大規模な場合はとくに、スキルや背景の異なるメンバーやステークホルダーの間で共通認識を形成し維持することが容易ではありません。なかでもUIデザインのように見た目で判断されがちなパートについては、意思決定や合意形成の過程が明らかにされていない限り、正規の手続きを踏んで進めていた場合にも、実装後に差し戻しや変更依頼が頻発します。

当社では、仕様策定時にクライアントの潜在欲求をもれなく引き出し、そのような意味のない手戻りやロスを未然に防ぐために、プロトタイピングを通じメンバーやてクライアントをデザインプロセスに巻き込む方法を提唱しています。『早く間違え、早く改善する』を『何度も回していく』ことが、ニーズの多様化する昨今のWebサイトやアプリケーション開発の成否を握ると考えています。

アジャイル、ウォーターフォールのいずれでも、プロトタイピングを開発工程に取り込むことは可能です。詳しくは以下をご確認のうえ、お問い合わせからお気軽にお尋ねください。

あおいあかねみどり > UXデザイン > プロトタイピング

Posted in: サービスについて, サービスについて, サービスについて, サービスについて

▲いちばん上へ